墓地の許可について

墓地は亡くなった人を弔うための墓石を設置する場所です。特殊な例がない限りは墓石を立てるのであれば墓地でなければならないため、墓地には多くの墓石が集まることになります。

それを考えれば分かるとおりに墓地は多くの墓石を置くために一定のスペースを取ることになります。何より人の尊厳に関わる場所でもあるため、勝手に経営することはできず、都道府県の県知事の許可を受けなくてはいけないのです。

墓地として許可をもらっていなければ先ほど書いたように墓石を立てるのであれば墓地ではならないために墓石を立てることができず、更に墓石そのもの以前に埋葬や埋蔵も認められません。 当然のことながらもし無許可で経営した場合には法律違反…犯罪行為とされ、刑罰を科せられることになります。

経営許可をもらうには、手続きや墓地の定義を守ることも必要ですが、前提として自治体や財団法人、宗教法人等でなければいけません。更に県によっても違いがあり、自体だけに限るところもあれば、宗教法人だけに限るというケースも存在します。もし経営をするのであれば、この立場も考えて許可を受ける手続きをしなくていけません。

では実際に墓地の経営許可をもらうためにはどのような手続きをする必要があるのでしょうか。 手続きの他に墓地自体にも様々な分類がされており、それによって許可に関しても変わってくることになります。墓地の分類ごとの許可の違いはどのようなものでしょうか。



≪管理人特選サイト≫
墓石の適正価格が一覧でわかる便利なサイトです⇒ 墓石 価格